介護保険福祉用具購入の手続きについて

公開日 2020年09月19日

更新日 2020年09月18日

介護保険福祉用具購入の手続きについて

 

 

1.対象者および支給限度基準額

 

 (1)対象者

    介護認定申請を行い、要支援1・2、要介護1~5と認定され、在宅で生活されている方が対象です。

  

 (2)支給限度基準額

    要支援・要介護度を問わず、被保険者ごとに支給限度基準額10万円が設定され、限度額の範囲内

   において、かかった費用の6~9割を福祉用具購入費として支給します。

     

         例1) 自己負担割合1割の方が2万円の福祉用具を購入した場合

        

                   自己負担   2,000円(1割)

        支給額    18,000円(9割)

     ※支給限度基準額10万円を超える費用については、保険給付対象外となり自己負担となります。

 

 2.対象となる福祉用具の種類

 

 (1)腰掛便座

 (2)自動排泄処理装置の交換可能部品

 (3)入浴補助用具

 (4)簡易浴槽

 (5)移動用リフトのつり具の部分

 

 3.申請の手順

 

 (1)被保険者は介護支援専門員(以下、ケアマネージャー)又は地域包括支援センター等に相談を行う。

 (2)本人・家族・ケアマネージャー・販売事業所と打ち合わせを行い、書類を作成する。

 (3)販売事業所より福祉用具の引き渡しを受け、代金を支払った後に支給申請を行う。

 

 【支給申請提出書類】

   1.福祉用具購入費支給申請書

   2.福祉用具購入を要する理由書

   3.福祉用具サービス計画書

   4.ケアプラン(写し)※ケアプランの作成がある場合

   5.領収書

   6.購入した福祉用具の商品名、製造業者、金額がわかるカタログ

   7.その他

    ・償還払いの場合は、被保険者の口座番号、名義が確認できる書類

    ・生活保護受給の場合は、福祉事務所へ振込をするための委任状(原本)

    ・広域連合が必要と判断した書類

 

  ※申請に関する各種様式は下記をご参照ください。

         

【様式】

 

  業務課 給付係への申請書ページへ 

 

 

お問い合わせ

業務課
TEL:098-911-7501
FAX:098-911-7506