個人情報の開示請求について

公開日 2019年05月20日

更新日 2020年11月27日

沖縄県介護保険広域連合が保有する個人情報の開示請求は、沖縄県介護保険広域連合個人情報保護条例に基づきます。

 

下記の条例を御確認ください。又、くわしくは広域連合へお問い合わせください。

 


 

沖縄県介護保険広域連合個人情報保護条例(抜粋)

 

(開示請求)

 

11条 何人も、実施機関に対し、当該実施機関が保有する自己を本人とする保有個人情報の開示の請求(以下「開示請求」という。)をすることができる。

 

2 死者の保有個人情報は、次の各号のいずれかに該当するときに限り、開示請求をすることができる。

 

(1) 相続人が、被相続人である死者から相続した財産に関する情報の開示請求をするとき。

 

(2) 相続人が、被相続人である死者から相続した不法行為による損害賠償請求権等に関する情報について開示請求をするとき。

 

(3) 死者の配偶者(届出をしていないが当該死者の死亡当時事実上婚姻関係と同様の事情にあった者を含む。)、子又は父母が、当該死者の死に起因して相続以外の原因により取得した慰謝料請求権、遺贈に係る財産等に関する情報について開示請求をするとき。

 

(4) 親権者が、死亡時において未成年であった当該親権者の子に関する情報について開示請求をするとき。

 

(5) 実施機関があらかじめ審議会の意見を聴いた上で、開示請求を認めるとき。

 

3 未成年者又は成年被後見人の法定代理人その他本人と特別の関係があると実施機関が認める者(保有特定個人情報にあっては、未成年者若しくは成年被後見人の法定代理人又は本人の委任による代理人。以下「代理人」という。)は、未成年者、成年被後見人又は本人に代わって前2項の開示請求をすることができる。

 

(開示請求の手続)

 

15条 開示請求をしようとする者は、次に掲げる事項を記載した請求書(以下「開示請求書」という。)を実施機関に提出しなければならない。

 

(1) 開示請求をしようとする者の氏名及び住所

 

(2) 代理人が開示請求をしようとする場合にあっては、本人の氏名及び住所

 

(3) 死者の保有個人情報に係る開示請求をしようとする場合にあっては、死者の氏名及び住所

 

(4) 開示請求に係る保有個人情報を特定するために必要な事項

 

(5) その他実施機関が定める事項

 

2 開示請求をしようとする者は、実施機関に対し、自己が当該開示請求に係る保有個人情報の本人又はその代理人であることを証する書類で実施機関が定めるものを提出し、又は提示しなければならない。

 

3 死者の保有個人情報に係る開示請求をしようとする者は、実施機関に対し、第11条第2項各号に該当する請求権者であることを証する書類で実施機関が定めるものを提出し、又は提示しなければならない。

 

4 実施機関は、開示請求書に形式上の不備があると認めるときは、開示請求者に対し、相当の期間を定めて、その補正を求めることができる。この場合において、実施機関は、開示請求者に対し、補正の参考となる情報を提供するよう努めなければならない。

 


 

沖縄県介護保険広域連合長が取り扱う個人情報の保護に関する規則(抜粋)

 

(個人情報開示請求書)

 

第6条 条例第15条第1項に規定する開示請求書は、個人情報開示請求書(様式第7号)によるものとする。

 

(本人等の確認に必要な書類)

 

第7条 条例第15条第2項(条例第19条第3項、第22条第2項及び第25条第2項において準用する場合を含む。次項において同じ。)に規定する本人であることを証する書類で実施機関が定めるものは、次の各号のいずれかに該当する書類であって、当該本人の氏名及び住所が記載されているものとする。

 

(1) 運転免許証

 

(2) 旅券

 

(3) その他これらに類するものとして広域連合長が定める書類

 

2 条例第15条第2項に規定する代理人であることを証する書類で実施機関が定めるものは、次に掲げる書類とする。

 

(1) 前項各号に掲げる書類のいずれかであって、代理人の氏名及び住所が記載されているもの

 

(2) 代理権を有することを証明するものとして広域連合長が定める書類

 

(死者との関係を示す書類)

 

第8条 条例第15条第3項(条例第19条第3項、第22条第2項及び第25条第2項において準用する場合を含む。)に規定する条例第11条第2項(条例第18条第2項、第21条第2項及び第24条第2項において準用する場合を含む。)各号に該当する請求権者であることを証する書類で実施機関が定めるものは、次のとおりとする。

 

(1) 条例第11条第2項第1号(条例第18条第2項、第21条第2項及び第24条第2項で準用する場合を含む。)の規定により開示請求等をしようとする場合 請求者が相続人であることを証するもののほか、当該請求の内容が同号に規定する相続した財産に係るものであることを示すもの

 

(2) 条例第11条第2項第2号(条例第18条第2項、第21条第2項及び第24条第2項で準用する場合を含む。)の規定により開示請求等をしようとする場合 請求者が相続人であることを証するもののほか、当該請求の内容が同号に規定する損害賠償請求権等に係るものであることを示すもの

 

(3) 条例第11条第2項第3号(条例第18条第2項、第21条第2項及び第24条第2項で準用する場合を含む。)の規定により開示請求等をしようとする場合 請求者が配偶者、子又は父母であることを証するもののほか、当該請求の内容が同号に規定する慰謝料請求権、遺贈に係る財産等に係るものであることを示すもの

 

(4) 条例第11条第2項第4号(条例第18条第2項、第21条第2項及び第24条第2項で準用する場合を含む。)の規定により開示請求等をしようとする場合 請求者が未成年で死亡した子の親権者であったことを証するもの

 

 

 

個人情報開示請求書(様式).docx(16.8KBytes)      委任状.docx(19.3KBytes)

 

お問い合わせ

総務課
TEL:098-911-7500
FAX:098-911-7506