社会福祉施設等における非常災害対策及び入所者等の安全の確保について

公開日 2016年09月08日

更新日 2020年09月10日

社会福祉施設等における非常災害対策及び入所者等の安全の確保について


 社会福祉施設等における非常災害対策及び入所者等の安全の確保について、厚生労働省老健局高齢者支援課長ほか3課長から通知がありますので掲載します。
 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)事業所をはじめとした地域密着型サービス事業所、介護保険施設の管理者の皆様におかれましては、次の事項に留意のうえ、改めて非常災害対策及び入所者等の安全の確保に努められますようお願いします。

 

1 非常災害時の施設等における入所者等の避難方法や、職員間の連絡体制を含めた緊急時の対応体制を適切に構築するための

 具体的な計画の策定又は点検など、関係法令及び通知に基づき必要な措置を講じ、非常災害時に備えること。

 

2 施設等の職員は、日頃から、気象庁など公的機関や、テレビ、ラジオ等の報道やインターネットによる気象情報等に関する

 情報の収集に努め、危険が想定される場合は上記1の計画を踏まえ着実に避難を行うこと。


3 日頃から消防等関係機関との通報・連携体制を整備し、定期的に職員にその周知及び徹底を図ること。

 

4 定期的に避難訓練その他必要な訓練を実施すること。

5 日頃から消防団や地域住民との連携を図り、非常災害時の際に避難等に協力してもらえるような体制の構築に努めること。

 

 

社会福祉施設等における非常災害対策及び入所者等の安全の確保について.pdf(133KBytes)

     (平成28年9月1日付け老高発0901第1号ほか)

関連ワード

お問い合わせ

業務課
TEL:098-911-7501
FAX:098-911-7506

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード