介護保険の利用者負担について

公開日 2020年06月26日

更新日 2020年06月26日

1.介護保険の利用者負担について


 介護保険サービスを利用した場合、サービス事業者に支払う利用者負担は、原則としてサービスにかかった費用の1割です。

 ただし、65歳以上で一定以上の所得のある方は、利用者負担が2割または3割になります。

 

負担割合 対象者
3割 本人の合計所得金額が220万円以上で、かつ同じ世帯にいる65歳以上の方の「年金収入+その他の合計所得金額」が「単身世帯340万円以上、2人以上世帯463万円以上」の方
2割 3割負担の対象とならない方で、本人の合計所得金額が160万円以上で、かつ同じ世帯にいる65歳以上の方の「年金収入+その他の合計所得金額」が「単身世帯280万円以上、2人以上世帯346万円以上」の方
1割

上記以外の方

(生活保護受給者、市町村住民税非課税の方、65歳以上の方(第2号被保険者)など)

 

 

 .介護保険負担割合証について


 要介護(要支援)認定者や介護予防・日常生活支援総合事業対象者に対して、利用者負担の割合が記載された「介護保険負担割合証」を交付します。

 サービスを利用するときは、介護保険の被保険者証と一緒にサービス事業者へ提示してください。

 

負担割合証(黄色).jpg

 

 なお、介護保険負担割合証の適用期間は毎年8月1日~翌年7月31日です。

 

 

3.令和2年度の介護保険負担割合証について


 令和2年8月1日~令和3年7月31日までの介護保険負担割合証については、令和2年7月17日(金)圧着ハガキで発送する予定です。

 

 対象者は、令和2年8月以降も要介護(要支援)認定の有効期間がある方と介護予防・日常生活支援総合事業対象者です。

 

 新しい負担割合証が届きましたら、介護保険の被保険者証と一緒にサービス事業者へ提示してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

業務課
TEL:098-911-7501
FAX:098-911-7506