保険料

公開日 2019年07月01日

更新日 2020年04月01日

 65歳以上の方 (第1号被保険者)
 事業計画による保険料の見直し

 第7期事業計画(平成30年度~令和02年度)により、65歳以上の方の保険料が見直されました。介護保険の事業計画は3年ごとに見直しが行われます。今回、市町村毎の介護給付必要額により、市町村ランク分けの変更も行われました。

 

 

 保険料の納めかた

 保険料の納めかたは、年金の額、種類によって異なります。
 




・老齢(退職)年金、障害年金、遺族年金が年額18万円(月額1万 5,000円)以上の方 yajirusi.gif 偶数月(4月、6月、8月、10月、12月、2月) に支払われる年金から、保険料が天引きとなります。




・老齢(退職)年金、障害年金、遺族年金が年額18万円未満の方
・ 老齢福祉年金のみ受給されている方
・年度の途中で65歳になった方、他の市町村から転入してきた方など
yajirusi.gif 納期ごとに納付書をもって指定の金融機関で納めてい ただくか、口座振替による納付となります。


o_maru.gif保険料の納期

 
4月
5月
6月
7月
8月
9月
特別徴収
第1期
 
第2期
 
第3期
 
普通徴収
 
 
 
第1期
第2期
第3期

 

 

 
10月
11月
12月
1月
2月
3月
特別徴収
第4期
 
第5期
 
第6期
 
普通徴収
第4期
第5期
第6期
第7期
第8期
第9期

 

●特別徴収対象者
 年金が年額18万円以上の方は年金から天引きになります。保険料の年額が、年金の支払い月に年6回に分けて天引きされます。介護保険料は原則としてこの特別徴収を行います。

 ※遺族年金と障害年金も対象です。ただし、老齢福祉年金、寡婦年金、恩給等については、特別徴収の対象となりません。

tyousyuu.gif

 

 保険料(基準月額)確認と決め方


o_sikaku.gif保険料の算定に関する基準(1人あたり) 

基準額は、市町村で必要とする総介護サービス量のうち、65歳以上の方の 保険料で負担すべき分を、市町村内に住む65歳以上の方の総数で割って算出したものです。
  基準額=市町村で介護保険にかかる費用×65歳以上の方の負担(23%)÷市町村の65歳以上の人数
 

市町村により介護保険料の基準月額が異なります。

o_sikaku.gif保険料3ランク区分

第1ランク地域 (1町4村)

南大東村・北大東村・南風原町・宜野座村・読谷村

第2ランク地域 (1市3町3村)

北中城村・西原町・豊見城市・東村・北谷町・八重瀬町・伊江村

第3ランク地域 (1市5町11村)
金武町・南城市・本部町・嘉手納町・渡嘉敷村・与那原町・国頭村・中城村・久米島町・伊平屋村・恩納村・今帰仁村・渡名喜村・大宜味村・伊是名村・座間味村・粟国村

 

保険料額は本人の所得や世帯の住民税課税状況等に応じて決まります。


o_sikaku.gifランク地域および段階別の保険料

o_maru.gif65歳以上の方 (第1号被保険者)の保険料
段階

対 象 者

保険料年額
保険料率

第1ランク

第2ランク

第3ランク

第1段階
生活保護受給者、または老齢福祉年金受給者、世帯全体が住民税非課税者前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の方
22,208円
23,467円
27,229円

 

 

 

基準額

×0.30

 

 

第2段階
世帯全体が住民税非課税者で、本人の前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円を超えて120万円以下の方
37,014円
39,112円
45,382円

基準額

×0.50 

第3段階
世帯全員が住民税非課税者で、本人の前年の合計所得金額+課税年金収入額が120万円を超える方
51,820円
54,756円
63,535円
 

基準額

×0.70

第4段階
本人が住民税非課税者で、世帯に住民税課税者がいて、本人の前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の方

66,625円

70,400円

81,687円

 

基準額

×0.90

第5段階
本人が住民税課税者で、世帯に住民税課税者がいて本人の前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円を超える方

74,028円

78,223円

90,764円

 

基準額

×1.00

第6段階
本人が住民税課税者で、前年の合計所得金額が120万円未満の方
88,833円
93,867円
100,761円
 

基準額

×1.20

第7段階
本人が住民税課税者で、前年の合計所得金額が120万円を超えて200万円未満の方
96,236円
101,689円
117,993円
 

基準額

×1.30

第8段階
本人が住民税課税者で、前年の合計所得金額が200万円を超えて300万円未満の方
111,042円
117,334円
136,146円
 

基準額

×1.50

第9段階
本人が住民税課税者で、前年の合計所得金額が300万円を超えて400万円未満の方
125,847円
132,979円
154,298円
 

基準額

×1.70

第10段階
本人が住民税課税者で、前年の合計所得金額が400万円を超えて600万円未満の方 133,250円 140,801円 163,375円  

基準額

×1.80

第11段階
本人が住民税課税者で、前年の合計所得金額が600万円を超えて800万円未満の方 140,653円 148,623円 172,451円  

基準額

×1.90

第12段階
本人が住民税課税者で、前年の合計所得金額が800万円以上の方 148,056円  156,446円 181,528円

 

基準額

×2.00

 

 

 


わが町の介護保険2020年度版

 

 40歳~64歳の方 (第2号被保険者)

 

 保険料の決め方

家族の絵保険料の決めかたは、加入する医療保険の種類によって異なります。

o_maru.gif職場の健康保険などの加入者は
各組合ごとに、算出した計算方法をもとに決まります。
おもに会社員が加入する健康保険組合、公務員や教職員が加入する共済組 合、船員が加入する船員保険のことです。

o_maru.gif国民健康保険加入者は
次の算定方法により決まります。 
 

所得割額
第2号被保険者の所得に応じて計算
資産割額
第2号被保険者の資産に応じて計算
均等割額
各世帯の第2号被保険者の数に応じて計算
平等割額
第2号被保険者のいる世帯、1世帯につきいくらと計算
 市町村によって保険料率が異なります。

 

 保険料の納めかた

保険料の納めかたは、加入する医療保険の種類によって異なります。

o_maru.gif職場の健康保険などの加入者は
健康保険などの保険料に介護保険料を上乗せしたひとつの保険料の形で、給与から差し引かれます。
40歳~64歳の健康保険の被扶養者の分の保険料は、被保険者本人が加入 する健康保険などの保険料に織り込まれますので、別途保険料を納める必要はありません。

o_maru.gif国民健康保険加入者は
医療保険分と介護保険分をあわせた国民健康保険料として世帯主が納めます。